MENU

これからの日本の社会保障はどうあるべきか

今後日本の社会保障はどうなっていくのでしょうか?介護や福祉など、色々保障がありますが、高齢化社会とも言われる現代で、どう保障は変わっていく、あるいは変えていくべきなのでしょうか。

 

まず、国民にとって最も必要であるべき年金制度がありますが、重要なセーフティネットと言われています。
しかし、負担が不公平である、将来に不安がある、年金がもらえるのか分からないから払わない、などという人も大勢いることは確かです。
まずは国が分かりやすい社会保障制度を作り直すべきであろうと思われます。

 

今後、給付を手厚く、負担を軽くすることは難しいと考えたほうが良いかもしれません。
少子化と言われ、負担の担い手が少なくなるので給付が少なくなることはあっても多くなることは見込めないようです。

 

国民は、自営業であれば国民年金保険を、
会社に勤めているのであれば社会保険を都度かけているのですが、これ以外にも社会保障として企業の保険などがあります。

 

これらを使うことによって貯蓄を増やし、将来の備えとすることは出来ます。
また、医療や介護に関しては今後特に必要になってきますから、色々なサービスやボランティアに頼ることになるでしょう。

 

実は日本は健康水準から見てみると最高レベルにあるようですが、医療コストがかかりすぎており、負担に応えられないという人も大勢いるので、今後は医療保障や介護保障などを見直していくべきでしょう。
現状のままでいくと、負担は大きくなりすぎ、国民は医療を充分に受けることが出来なくなる可能性があります。

 

介護に関しても、負担額が大きければやはり受けることが出来ませんし、高齢者施設は満杯、行き場のない高齢者が続出することになりますから、医療保障に関して言えば、今後もっと改革が必要となります。