MENU

病気や怪我に使われる社会保障は?

日本の社会保障制度はある程度は充実していると言えますから、
病気や何かによって怪我を負った際には保障を受けることが出来ます。

 

しかし受けられる保障を知らなければ損をすることになります。
せっかく社会保険を払っているのですから、保障はしっかりしてもらいましょう。

 

まず絶対に押さえておきたいのが高額医療制度というものです。

 

普通、病院で治療を受けると3割負担になりますが、
1ヶ月の上限というものが決まっており、一定額を超えると払い戻しがされるという制度があるのです。

 

この高額医療制度はどのような病院でも使うことが出来ますし、
さらに事前に申請をすることも出来ますから、入院する必要がある場合は事前申請を行っても良いでしょう。

 

また会社を病気、怪我で休んだ場合は、
傷病手当というものを受けることが可能です。

 

申請書を出す必要がありますが、
長期間に渡って休む必要がある場合はしっかり申請しておきましょう。

 

傷病手当が支給される期間というのもあり、
支給開始から最長1年半と言われています。

 

また出産した際には出産一時金というものが支払われるので、
これも事前申請しておく必要があります。

 

赤ちゃん1人につき現在では42万円が支給されるようですが、
地域によって異なるようですから役所に確認しておくと良いでしょう。

 

出産のためにママが会社を休んだ際には出産手当金というものも受けることが出来ますので、
色々社会保障の内容を知り、自分が受けることが出来る保障を検討してみましょう。