MENU

介護が必要な人の社会保障は?

介護を受ける人が増えてきたという背景があり、介護保険というものが成立しました。
高齢化社会になり、介護が必要なお年寄りが増えたことによって、そのためのサービスを充実したものにするように介護保険が成り立っています。

 

 

社会保険の中での介護保険に関して言えば、高齢者、障害者などの生活を保障してあげる、生活をする上で最低限のレベルの公的扶助があります。
健康を守るための公衆衛生、社会保険とあります。

 

社会保険の中には年金という老後の基盤ともなるべきものが含まれており、医療保険、後期高齢者医療、労働保険などがあります。
ですから社会保険の中には介護保険がありますので、いざという時にはサービスを受けることが出来るのです。

 

 

介護保険料は40歳になってから払うことになります。
保険料に関しては市区町村によって代わりますから、役所に確認しておくと良いでしょう。
また65歳以上は1号被保険者となり、介護の原因を問わず保障を受けることが出来ますので、気軽に病院を受診することが出来るのです。

 

40歳からは介護認定というものがあり、7段階評価で定められています。
要介護が高い順にサービス料の負担は少なくなり、手厚い看護を受けることが出来ます。
公的サービスを受けるために認定を受ける必要がありますから、審査を受け、自分がどの段階にあるかをレベル分けして認定を受けます。

 

しかし近年ではこの審査が厳しくなっており、なかなか重度の介護認定者でも審査が厳しくなる可能性があり、充分なサービスを受けることが出来なくなっているようです。
負担額が増えるので、公的負担をこれ以上増やすことができないという国の考え方のようです。
介護を安心して受けることが出来るためにも、このような介護や福祉に関しての税金はしっかり使ってもらいたいものです。