MENU

老後を安心して暮らしていくために!

老後をどう過ごすか・・・などと、若いうちは考えもしませんが、30や40を過ぎると老後の生活のことも考える必要が出てきます。
自分で貯金をするなり、定期預金をするなどしている女性や男性も多いですが、それでも不安はつきものです。
国が保証してくれるという国民年金でも、今ではもらえるかどうか分からないという次第です。
そんな中でどうすれば安定した老後生活を送ることが出来るのでしょうか?

 

まず、老後の収入源を確保しておくと良いでしょう。
マンション経営など、自分たちでお金を稼ぐことを視野に入れている人もいます。

 

しかし国がサポートしてくれる制度はどのようなものがあるのでしょうか?最も頼りになるのが国民年金という制度ですが、年金受給額は徐々に減額されています。
年間380万円は必要と言われていますから、その分だけ制度が保証してくれれば良いのです。
しかし少子化や晩婚化によって社会保険料がなかなか集まらない中で、年金だけに頼って生きるというのが不安だという意見も多数あるのです。

 

年金ももらえる年齢が60歳から65歳に引き上げられましたし、現在の私達30代の世代が高齢者になった際には70歳に受給が始まるのではないかとも言われています。

 

このような年金の制度はあるにこしたことはありませんが、他に収入源を考えておいたほうが安心は出来ますね。
そのためにマンションを経営する年配者が増えているのです。
そうすれば定期的に収入が入ってきますから、安心できます。