MENU

現在の社会保障では不十分だと考えられているため、社会保障制度を財政的にも改革することで安定させ、誰もが高齢者になった際に安心して暮らすことが出来るように、今改革が叫ばれています。

 

消費税の引き上げなどの徴収分は全て社会保障にあてて、充実した社会を作ることが改革の一歩となっています。

 

 

少子高齢化に伴って、年金や介護の費用は急増しています。
しかし国の財政をチェックしてみると高い経済成長率が見込めないということで、税収が大幅減少しており、財政難に陥っているのです。
だから消費税も上がりますし、社会保障も高くなるのです。

 

働く世代が高齢者を支える制度というものが社会保険としてあるのですが、この制度は実際は成り立っていません。
国や地方の債務残高は1000兆円を超えると言われていますし、少子化によって働き手が少なくなるので税収も少なくなることでしょう。

 

ですから今、社会保険を見直して、もう一度作り直そうという考えを発表したようです。
高齢者でも重度の人なら施設へ入ることも考えられますが、経度の介護が必要な人は自宅で療養するしかないのです。

 

年齢が若い、若くないに関わらず、健康な人は働き、税収をアップさせて本当に困っている高齢者や障害者に対してのサポートを手厚くする必要があるのです。
ですから高齢者の雇用などは既に始まっていますし、進められている事業でもあります。
社会保障と税に関して一体改革において、消費税が高くなった分は全て社会保障に当てるというのが今回の改革であります。
安定した財源をとりいれることによって社会保障を充実させ、安定化させるようにすることが改革の本題となります。