MENU

消費税が8%になった後に住宅を購入した人は30万円もらえます。

消費税が上がった後に、住宅を購入した人も多いのが現状ですが、
あぁ、、自分はタイミングが悪かった、、と悲観すると言う人が大半というよりほぼ全ての人がこう思うのではないでしょうか?

 

ただ、住まいの給付金というものは、消費税がアップした後に住宅を購入した人に対して、その負担を和らげる為に考えられた給付金です。
以下条件の人は、必ず申込をするようにしましょう。

 

すまい給付金が貰える人の条件

住宅を購入し、その住宅を自身で住むという人で、
年収が510万円以下の人が対象

 

住宅ローンを使用せず、住宅を購入する場合は、消費税が10%時に、50歳以上で
収入額が650万円以下の人

 

どんな住宅だったら対象なの?

住宅の質に関して一定の要件を満たしている住宅が対象

 

中古物件を購入する場合は、消費税が課税される住宅取得が対象となり、消費税が非課税とされている個人の住宅売買は対象になりません。

 

消費税が5%時に購入した人は、対象外です。

 

主な要件

・引き上げ後の消費税率が適応されるコト
・床面積が50平米以上であること
・第三者機関の検査を受けた住宅であること

 

申請の手続き方法

住宅の引渡しを受けた日から1年以内に住宅取得をした世帯主が行うのが原則です。

 

給付申請書及び確認書類をすまい給付金事務局に提出すること。

すまい給付金の受付はこちら